車買取相場表

車買取相場表よりも確実に高く売る方法!

車買い取り額のトラブル

 

車買い取り額でトラブルがあるのが知っていますか?
少しでも安心して買取をしてもらうためにも、こういったことはなるべく避けたいですよね。

 

 

ここでは、車買い取り額にありがちなトラブルについていくつか紹介したいと思います。

 

 

 

■もっとも多いトラブル
・メールでに査定額
・契約後の査定額

 

 

この2つの点が挙げられます。

 

 

 

メールでの査定額についてですが、近年、ネットで手軽に査定できるようになりました。
わざわざ専門店に足を運ばなくても査定をしてもらえるのは嬉しいことですが、
メールでのやり取りオンリーなので、デメリットもたくさんあります。
メールでの査定で多いのは、査定額と実際の査定額が異なるということです。
高い査定額を出してもらったにも関わらず、1社だけに絞って出張査定を申し込むと、
査定してもらった額よりもマイナスになる一方…
なんてことはありませんが?
ネットでの一括査定にありがちなトラブルと言われています。

 

 

契約後のトラブルは、契約後に高く買い取ってもらえるところを見つけ、
キャンセルをしようとしたらキャンセル料金がかかってしまうというものです。
しかし、この件に関しては、2012年5月31日より、
クーリングオフのキャンセルで料金の発生はナシになっているようです。

 

 

 

悪質な業者に引っかからないように、査定の際は十分気をつけましょう。

車を購入するための貯金はどれくらい必要なのか?

 

車を購入するための貯金について。
車を購入するのに、貯金ゼロで購入するのは困難です。
また、購入後も貯金がゼロになるのも避けたいところ。
やはり、購入にも余裕があり、
購入後にも余裕があるほうが安心です。

 

 

 

車の購入の貯金は、購入する車種によって異なります。
普通自動車と軽自動車でも異なりますし、
当然軽自動車のほうが価格は安くなります。
個人で乗る場合は、軽自動車でも十分。
しかし、ファミリーで乗る場合は、
軽自動車よりも大型車のほうが良いですね。

 

 

価格は車種によって異なるため、
「これだけ貯金しましょう」と決めることはできません。
でも、貯金を1000万円残しておけるくらい貯金をしておくと、
安心です。
普通車も軽自動車も購入することができます。

 

 

また、車を購入される方は、
マイホームの購入を検討される方も少なくありません。
マイホームとマイカーのことを考えて、
多く貯金しておくようにしましょう。

 

 

 

ちなみに、購入のタイミングも大切です。
少しでも安く購入したい!
という方は、決算期やボーナス期を狙うと良いでしょう。
大幅に値下げされる時期になります。

車を誰にも内緒で購入することは可能か否か?

 

車の購入は内緒でもOKなのでしょうか?
なかには、家族や妻・夫に内緒で
車を購入したい方もいるでしょう。
実際、車を内緒で購入したか、
という検索で多くヒットします。

 

 

「妻に内緒で車を購入できるのか」
「夫に知られずに車を購入したい」
「未成年で、親に内緒で車を購入」

 

 

などなど。
未成年の場合は、
一般的に車の購入に親の同意が必要になりますから、
同意をせずに契約をした場合、
契約をキャンセルし車を返還することができます。

 

 

 

成人であれば、
身内に内緒で車を購入することは不可能ではありません。
しかし、手続きのときに、
身内にバレないようにしなければいけません。
たとえば、郵便物を自宅に届かないようにする。
連絡先を自分の携帯電話番号にする・・・など。
そして、販売店にその旨をきちんと伝える必要があります。

 

 

これらをせずに身内に内緒で車を購入することは、
ほぼ不可能と言っても良いかもしれません。
購入はできても、何れバレてしまう恐れがあります。
もちろん、郵便物の届け先や、
お店のスタッフに伝えていても、
バレるときはバレてしまいます。

 

 

できれば、身内にきちんと車を
購入することを伝えるのが一番です。
しかし、どうしても身内に内緒にしたいという方はいるでしょう。
そういった時は、上記の方法を試してみて下さいね。