車買取相場表

車買取相場表よりも確実に高く売る方法!

車買い取り額のトラブル

 

車買い取り額でトラブルがあるのが知っていますか?
少しでも安心して買取をしてもらうためにも、こういったことはなるべく避けたいですよね。

 

 

ここでは、車買い取り額にありがちなトラブルについていくつか紹介したいと思います。

 

 

 

■もっとも多いトラブル
・メールでに査定額
・契約後の査定額

 

 

この2つの点が挙げられます。

 

 

 

メールでの査定額についてですが、近年、ネットで手軽に査定できるようになりました。
わざわざ専門店に足を運ばなくても査定をしてもらえるのは嬉しいことですが、
メールでのやり取りオンリーなので、デメリットもたくさんあります。
メールでの査定で多いのは、査定額と実際の査定額が異なるということです。
高い査定額を出してもらったにも関わらず、1社だけに絞って出張査定を申し込むと、
査定してもらった額よりもマイナスになる一方…
なんてことはありませんが?
ネットでの一括査定にありがちなトラブルと言われています。

 

 

契約後のトラブルは、契約後に高く買い取ってもらえるところを見つけ、
キャンセルをしようとしたらキャンセル料金がかかってしまうというものです。
しかし、この件に関しては、2012年5月31日より、
クーリングオフのキャンセルで料金の発生はナシになっているようです。

 

 

 

悪質な業者に引っかからないように、査定の際は十分気をつけましょう。

 

バイパー(ダッジ)とは、
ダッジおよびSRTから発売されているアメリカンスポーツカーです。
ダッジは、クライスラー社の一部門になります。

 

 

1991年に登場していますが、
1989年の「北米国際オートショー」にてコンセプトカーが発表されました。
当初は、3年間のみの少量限定生産の予定となっていましたが、
発売後の反響と、想定外の売り上げで、
予定を変更し継続して販売されることになりました。
よって、バイパーは3代目モデルまで販売されました。

 

 

バイパーの特徴は、
アメリカ車ならではのエンジン(OHV)を搭載していますが、V10になります。
排気量は、8リッターと市販車の中では最大級になりました。

 

 

 

2代目モデルは、2002年に登場してから、2010年まで販売されました。
V10エンジンは8.3Lまでボアアップされ、パワーも高められました。
オープンとして登場しましたが、2006年にはクーペが追加されました。

 

 

現在は、SRT・バイパーとして3代モデルが2012年より販売されています。
同年4月の「ニューヨークモーターショー」にて、
後継モデルの「SRT・バイパー」と上級モデルバイパーGTSが正式発表されました。

 

 

ハイエース(トヨタ)とは、
トヨタで生産しているキャブオーバー型自動車です。
現在、5代目モデルが2004年より販売しています。

 

 

初代モデルは、1967年に登場。

 

 

歴史の古いモデルで、
・2代目1977年〜1985年
・3代目1982年〜1989年
・4代目1989年〜2004年

 

 

と、販売されました。
かつては、ショートホイールベースのトラックもラインナップされていましたが、
現在はロングとスーパーロングのワゴン/
ライトバン/コミューターのみが販売されています。

 

 

 

価格はやや高くなっていますが、耐久性の高さやエンジンパワー、
積載量が多いなど、メリットも多くあります。
そのため、宅配業をはじめ、多くの企業に貨物車、
社用車として使われています。
また、耐久性の高さから、新興国や開発途上国でも人気が高く、
それに関連して自動車窃盗団による日本国内での東南と密輸出が多く目立ちます。

 

 

現行モデルのボディは、
・ロング、標準ボディ幅、標準ルーフ(バンDX、スーパーGL)
・ロング、標準ボディ幅、ハイルーフ(バンDX)
・ロング、ワイドボディ、ミドルルーフ(ワゴンDX)
・スーパーロング、ワイドボディ、ハイルーフ
(バンDX、ワゴン グランドキャビン、コミューターDX、
コミューターGL、キャンパーベース車)

 

 

と、整理されました。

 

車処分の方法について

 

セラ(トヨタ)とは、トヨタがが過去に販売していた1500ccの3ドアクーペです。
1987年の「第27回東京モーターショー」で出店され、
「AXV-II」の市販化モデルになります。
ベースは、同社の小型スターレット。
特徴は、上半分がほぼすべてガラスになっており、
それを実現するためにガルウイングドアを採用していることです。
ガルウイングドアは、一般レベルで日本では初の採用となりました。
走行性能は求めておらず、
あくまで雰囲気を楽しむことをコンセプトにしたモデルになります。

 

 

ボディの特徴は、ガルウイングドアを採用したことで、
グラストップで重心が少々高くなっています。
よって、ロール角を減らす対策として、
リヤ周りのロールセンターが特に引き上げられました。
足回りは、ベースのEP82スターレットとほぼ同じになっています。

 

 

 

ボディカラーは、当初はメタリック系のみのラインナップになっていましたが、
マイナーチェンジで黒や赤などのソリッドカラーも追加されました。
さらにマイナーチェンジで、
濃いグレーのウレタン樹脂製やリヤスポイラーなども変更されました。

 

ステップワゴン(ホンダ)とは、
ホンダが生産と販売を行っている、ミニバン型乗用車です。
1996年に初代モデルが登場し、
現在は4代目モデルが2009年より販売されています。

 

 

ステップワゴンの特徴は、FFレイアウトの箱型ミニバンで、
パッケージングの良さや価格帯の広さが人気でした。
そのため、他社からも対抗車種の展開が図られました。

 

 

 

初代モデルは、1995年の東京モーターショーにて、
「F-MX」という名称で出展されました。
翌年、クリエイティブ・ムーバーの第3弾として発表され、
人気モデルとなりました。
ステップワゴンという車名は、
当時日本では「ミニバン」という言葉があまり定着していなかったため、
「商用車」を連想させる「バン」を止め、ステップワゴンになったと言われています。
収益率を向上させるために、
運輸省の型式認定を受ける際の費用を抑えるべく、

 

 

・エンジンはB20B型のみ
・トランスミッションはコラム式4速ATのみ

 

 

と、各1種類ずつに抑えています。
また、有限要素法解析による使用鋼材の削減や、
パネル分割の工夫による部品点数、プレス型の削減を推し進めました。

 

 

車を売却するための、最適な売却のタイミングはあるのでしょうか?
もしあるとすればその時に売ると、
とてもお得に車の売買をすることができますね。

 

しかし意外な車の売却のタイミングは、
売りたいと思った時に売るということです。
季節によって相場が上がる車種もありますが、
必ずしもその季節前に売ること自体が、ベストなタイミングとはいえません。

 

夏に買い取り相場が上がる車だからといって、
冬に売りたいのにもしそれを夏まで待っていたら、
走行距離も増えていってしまいます。

 

結局は、冬に売っても夏に売っても値段が変わらないこともあります。

 

また車検の残り期間で車の買取時期を選ぶ方法もあります。
車検が近い車を車検を通して売ったからといって、
車検の費用に上乗せがされるようなことはまずありません。
車検が近い車は、車検前に売るのがベストと言えるでしょう。

 

ほかにも決算時期、ボーナス前は、中古車の値引き交渉がしやすいので、
同時に買取りもしてきやすくなります。

 

続きを読む≫ 2013/08/29 14:01:29 車買取情報

 

 

車の買取価格アップをすることができるのならば、
なるべく高い金額で買取をして欲しいものです。
しかしながら時に、高い車に見せようと、
逆に価値を下げてしまうようなこともあります。

 

無理な洗車や、補強といったことをすると、
元は状態の悪い車であったと思われてしまったり、
素人のテクニックと見ぬかれてしまったりします。

 

車買取をするディーラーは、車の道のプロですから、
素人の補強はしないほうがいいでしょう。

 

ただ、買取価格アップのために、車内のニオイを、
なるべく消しておく、メンテナンス程度のものはしておいたり、
洗車をしたりといった、テクニック以前ことをしておきましょう。
人に見せて、値段をつけてもらうべくして、最低限の事はしておきましょう。
これによって、そこまでの買取価格アップはしないでしょうけれども、
値段を下げられてしまうということは無いでしょう。

 

最近では水没車や、事故車といったものも、
買取をしてくれるようになりました。
ですので、ディーラー側の方も、買取する車が、
人の乗った車であるという事は分かっていることですから、
無理にテクニックを気張ってしまう必要ありません。

 

実際の所、わざわざ洗車をせずとも、買取価格はそこまで変わりません。

 

続きを読む≫ 2013/08/18 14:01:18 車買取情報

 

中古車一括査定などのサイトがありますが、こうしたサイトは、両方によって、

 

様々な形で自分に有利な、そしてより高い金額で買取を行なってくれる業者を、
見つけることができるようになっています。

 

どこも同じと思われがちな、中古車の買取査定ですが、実際の所、
その得意とする車両が異なったりしますので、中古車一括査定をして、
よりお得なところを見つけて、そこで査定をしてもらうというのが理想ではあります。

 

中古車一括査定を利用できる場所は、インターネット上だけでも非常に多くありますので、
こうしたところを利用するようにしましょう。もちろん無料で、
いくらでも査定をしてもらうことができるわけなのですが、
ここで、査定の際は、必ず、詳細な事項まで、きちんと、記入をするようにします。

 

ここが、詳細なところまで記入できていればできているほど、
より正確な査定金額を出してくれます。

 

ただ、中古車一括査定をしてみると、どうしても、無数とも言える業者から、
一度に査定結果が送られてきます。中には、評判の悪い業者もあるそうですから、
いくら査定金額が高く出ても、それが本当に信頼出来るかどうか、
きちんと裏付けをとっておいたほうが良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2013/08/10 14:00:10 車買取情報

 

 

水没車であっても買取可能なのでしょうか?
と、思ってしまいます。
水没してしまった車、最近では震災などの出来事もあって、
こうした被害に陥ってしまった車も少なくありません。
廃車をしてしまったという人もいますし、
流されていってしまったという水没車もあったと思います。

 

しかしながら、どのような形であれ、水没車は一応とっておき、
買取可能かと言えば、買取をしてもらうことができます。
ネットで、買取をしてもらえる業者を探して、
このような水没車の状況ではあるものの、
買取可能かということを聴いておくと良いでしょう。

 

もちろん、買取可能な金額は、事故を起こしていない車に比べれば、
ずっと低いものとなってしまいます。
しかしながらそうであっても、
引き取りや、廃車をしてもらうには、お金がかかってしまいます。
それぐらいでしたら、買取してもらったほうがいいでしょう。

 

水没車でも使えるパーツが十分にあり、
そうしたもののリサイクルにも繋がります。
エンジンや電装パーツが水没して駄目になってしまっても、
使えるパーツはまだまだありますので、
こうしたものを再利用したいものです。

 

続きを読む≫ 2013/08/04 14:00:04 車買取情報

 

 

最近では車にも出張買い取り査定というシステムが出来ており、
自宅にいながらにして車を売ることができるようになってきました。
わざわざ店頭にまでいかなければならない買取査定と比べて、
ずっと楽に買取や査定をしてもらえます。

 

昔は中古車を売る場合は、店頭に持ち込むことが基本であったため、
出張査定は有料だったのですが、
最近では出張買い取り査定は無料である場合がほとんどです。

 

出張買い取り査定においてはまず、用意しておくべき書類がありますので、
これはしっかりと用意をしておきましょう。
車検証、自動車納税証明書、自賠責保険証明書などが、
車の年式、グレードを確認するために必要なので、
これは用意をしておきます。

 

出張買い取り査定のための申し込みは、まずインターネットを利用して、
申し込む人が多いようです。
業者からは大体の買取予想金額がメールで送られてきますので、
ここが一番良さそうだなと思った業者に、メール、もしくは電話などで、
出張買い取り査定の予約をしておきましょう。

 

後日、査定をしに来る人が来ますので、
出張買い取り査定をしてもらい、提示された査定額が気に入れば、
必要書類を用意して、自動車を渡し、お金を貰えば終了です。
その査定時間は大体10分から15分程度とされており、
結構あっさりと終わってしまいます。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 13:59:29 車買取情報